プロジェクト

「未来の日本にきっと役立つこと」
それをカタチにする

私たちは「プロジェクト」という一つひとつの箱に
これから社会で役に立つであろうことをぎゅっと込めて
試行錯誤をしながら送り届けています。
プロジェクトには、短期的な利潤を求めていません。
会社の長期的なビジョンを見据えた上で活動しています。
「自分らしい働き方を選択できる社会に」する
その強い信念のもと、活動しているプロジェクトを紹介します。

キャップクラウドが推進するプロジェクト

anyplace.jpg

anyplace プロジェクト

打刻ロケーションシステム「anyplace(エニイプレイス)」。
オフィスワーカーが社会にある様々なサードプレイスオフィスで働くときに、働く「場所」と「時間」の情報をリアルタイムに同僚や上司と共有することができます。
働く場所が本社や自宅だけではなく、社会のあらゆる場所に拡がったときに必要となる「働く情報」を管理するために活用できるシステムです。

anyplace プロジェクトの詳細はこちら 

anyplace_work.jpg

anyplace.work 富士吉田 プロジェクト

山梨県富士吉田市にあるコワーキングスペース。
3面ガラス張りの開放的な施設からで大きな富士山を見ながら仕事ができます。東京から1時間強で着くことができるので、ワーケーション利用もおすすめ。これからの「働き方」を提案するセミナーや、富士吉田市民と交流するイベントも盛んに行われています。

anyplace.word 富士吉田 プロジェクトの詳細はこちら 

classroom.jpg

産学連携 プロジェクト

これまで当社が向き合い続けてきたテーマである「働き方改革」「地方創生」に関して、大学と連携しながら深堀りしていきます。
また、中学生や高校生に対して、社会に出たときの「働き方の選択肢」を増やしてもらうための授業を実施しています。

work_residence.jpg

.work RESIDENCE プロジェクト

.workで中長期滞在する際に宿泊する場所を用意するプロジェクト。
自社運営の施設のほか、富士吉田市内のゲストハウスとも連携して、複数の宿泊場所を用意します。利用者は市内で中長期的に「生活」を体験することができ、富士吉田の関係人口増加に貢献したいと考えています。

workstyle.jpg

働き方選択制度 プロジェクト

従業員がイキイキと働くために設けたプロジェクト。
働く「場所」と「時間」の選択肢を社内で複数用意しており、自分に適した働き方を選べるよう仕組みを用意しています。
働く場所に関しては、現在5つの選択肢(本社、.work、自宅、anyplace設置地点、サードプレイスオフィス)しており、働く時間はそれぞれの雇用契約で定められた時間数を5時〜22時の間に働くことができます。フルフレックスで、仕事とプライベートは何度でも切り替えながら働くことができます。

働き方選択制度 プロジェクトの詳細はこちら