事業内容

「必要な情報を、必要な時に、必要な人へ」

必要な情報を必要なタイミングで、それを必要とする人に届ける。
それが情報を最大限に活かす方法です。
パソコンの普及により、すでに中小企業にも多くの業務情報が蓄積されています。
これらの情報をより高度に活用するためには、
どんなときにも情報が人の一番近くにある必要があります。
そのため、「いつでもどこでも」を実現するツールとしてクラウドを活用し、
中小企業の経営効率を最大にする支援しています。

現在は、独自のプラットフォームで展開する
パブリッククラウドサービスを中心とした「フォーカスユー事業」と、
ITツール、特にクラウドツールを組み合わせ、統合することで
中小企業の業務効率化を支援する「クラウドインテグレーション事業」を展開しています。


focusu.jpg

フォーカスユー(FU)事業

業務上必要な情報にアクセスするには、オンプレミスとクラウドを連携させ、いつでもどこでも情報にアクセス出来る環境にする必要があります。
パブリッククラウドサービスの「Focus U(フォーカスユー)」は、業務システムと連携し、人に一番近い、情報の「ラストワンマイル」の部分の効率化をご提案します。

ci.jpg

クラウドインテグレーション(CI)事業

販売管理・会計・給与計算などの定型業務にカテゴライズしきれない非効率な業務が企業には存在します。
そのような「境い目」の部分にクラウドを活用することにより、パッケージソフトのすき間を埋め、かつプッシュ通知、ワークフロー、リアルタイムコミュニケーションなど、クラウド特有のメリットを基幹業務処理に取り入れることが可能となります。